じゃがいもの美味しい食べ方

大牧農場の嫁たちによる、素材を生かしたじゃがいも料理をご紹介!

ホーム > 商品紹介 > じゃがいもの美味しい食べ方「北海道名物いもだんご」

北海道名物「いもだんご」

意外と知られていないこの料理「いもだんご」。
手間暇かかりますがじゃがいものデンプンの甘さを味わえるおいしい食べ方のひとつです。
ぜひ作ってみてください。

  • 北海道名物「いもだんご」
  • 材料(3人分)
    いも(男爵) 中5個くらい    (600g)
    片栗粉 いもの三分の一の量 (200g)
    少々
    サラダ油 少々
    バター 適量
    醤油 適量

作り方
じゃがいもの皮をむき、水につけます。
なべに水と塩を入れ、じゃがいもを入れて沸騰するまで待ちます(強火)。
沸騰したら中火にして、中までやわらかくなるまでゆでます(竹ぐしをさして確かめましょう)。
ゆであがったいもを取り出し、つぶが残らないようにていねいにつぶしていきます。
つぶしたいもに片栗粉を加えて練り、棒状(直径8~10センチメートルくらい)にして、ラップでまきます。
冷蔵庫で一晩ねかせます。
棒状に固まったいもを輪切りにしていきます(厚さ1cmから2cmくらい)。
輪切りにして角がなくなるように平たくします。
サラダ油を引いたフライパンで焼きます(弱火)。
10 焼きあがったら、バターとしょう油を乗せて出来上がり!
料理のポイント
Point1 水にさらしたいもを煮る前に、1cm程度にスライスして煮ると早く火が通ります。
Point2 いもをつぶすときは、人肌くらいに冷ましてからつぶしたほうがきれいにつぶれます。
(少しつぶを残すくらいのほうが出来上がりはおいしいです)
Point3 焼くときは、弱火で両側がきつね色になるまでゆっくり焼きます。